世界のモバイル広告収益は約$193億で倍増!

Pocket
Share on LinkedIn
LINEで送る

世界のモバイル広告収益は、2013年に急速に成長し約$193億で2012年の倍増となっています。
※データは”the Interactive Advertising Bureau”と”IHS Technology”調べ。

モバイルのディスプレイ広告の伸び率は223.4%となっており昨年対比で2倍以上の売上です。
モバイル検索広告は昨対比192.1%でスマホの普及によりロケーションベースの検索が伸びています。
メッセージ関連の広告(SMSおよびMMS)広告は昨対比119.4%でアジアが特に伸びている。

 

2013:グローバルモバイル広告収益の地域×成長率

広告費

※為替 米1ドル/100円で計算しています。

モバイル広告の伸び率はアメリカ・日本のみならず、世界的な現象といえこの先も伸びています。

 

■モバイル広告フォーマットの定義

  • ディスプレイ…一般的ディスプレイ広告×動画広告・アプリ内広告も含めます。
  • 検索…検索連動型広告。検索エンジンに特定のワード入れた際の広告
  • メッセージ…SMS/ MMSメッセージ、またはアウトバウンドメッセージング広告

詳細のデータ閲覧はこちらより

参考:
iab.net
marketingland
itmedia

 

モバイル広告の今後について

米eMarketer予測では、米国モバイル広告費は今年度183%増の見込み。

 

ディスプレイ広告では、主にGoogleとFacebookのクロスデバイス配信が可能な媒体の出稿が増えそうです。

検索に関しては昨年度同様にロケーションに連動した検索が伸びることが予想でき、今後のサービスチャンスは「クロスデバイス計測」「ロケーション」「媒体違法行為の分析」「運用ノウハウの蓄積(他社出稿調査なども含む)」「動画広告(リッチ化)」「テレビ広告との連動」など、たくさんのビジネスチャンスがありそうです。

個人的には、世界的にインハウス化進んでいるので日本でも、そのへんのサポートビジネスが伸びてきてほしいです。

The following two tabs change content below.
米国San Francisco在住のWebマーケッター。日本で5名のGoogle Adwordsトップレベル ユーザー「 ウェブマーケティングプラス」ブログやセミナーを通じ情報発信を行っています。解析ツールのデータ分析からウェブサイトのデザイン改善まで、集客の最適化だけでなくウェブサイトの獲得効率化などに注力して活動中。