世界の代理店から見たプログラマティック取引のこれから、Twitterの新しい広告管理ツールなど気になるニュース6選

Pocket
Share on LinkedIn
LINEで送る

今回はAdExchanger.comのニュースまとめより気になったニュースを簡単にご紹介いたします。

プログラマティック取引のための人材とスキルセットの準備を

英大手マーケティング情報サイト「The Drum」にて広告代理店エグゼクティブが「プログラマティック取引とテレビのこれから」について語りました。3人とも、これから主要になるであろう「プログラマティック取引」を理解し実践できる人材とスキルセット(とそれを育む環境)を、代理店・広告主・パブリッシャーそれぞれにて準備していく必要性を強調しています。

Starcom Mediavest Group(仏ピュブリシスグループ)共同CEOであるSteve Parker氏

テレビのコンテンツはかつてないほどに魅力的なものになっており、テレビ業界は今、本当に面白い局面を迎えていると思います。データに基づいた精確な広告配信とそのプログラマティックな発想自体が、デジタル業界だけでなくラジオやテレビなど全てを巻き込んでいくでしょう。

VivaKi(仏ピュブリシスグループ)のEMEAおよびNA地域担当プレジデントMarco Bertozzi氏

急にテレビがデジタルに100%取って代わられることはないでしょう。ただ、現在のテレビ視聴者の行動を見ればわかる通り、どこで、どのスクリーンを通じて見るのか、ではなく「何を見るのか(=コンテンツ自身)」がとても重要になってきています。テレビ視聴の状態がさらに把握出来るようになり、その結果、より明確なターゲティングできるようになるでしょう。

Carat(電通イージス・ネットワーク)のグローバル・プレジデントDoug Ray氏

今までのテレビ放送はなくならないものの、従来のテレビ広告を補う形でプレミアムなデジタルビデオ広告在庫の利用がこれからますます増えるでしょう。「コンテンツではなくオーディエンスを買う」がこれから広告業界の向かう方向だと思います。

Twitterが新しい広告管理ツールを発表

Twitter campaign picker
画像:A new way to optimize campaign performance with Twitter Ads | Twitter Blogs

Twitterが先週木曜日に新しい広告管理ツールを発表しました。新しく用意された「マーケティングの目的に基づくキャンペーン(フォロワーを増やす・ウェブサイトへ誘導する・アプリインストールなど)」により、キャンペーンの設定および最適化がさらにスムーズになりそうです。マーケターはキャンペーンの目的以外で課金されることはありません(例:見込客を集めたい場合はTwitterのリードジェネレーションカードを通じてユーザーが情報を提供した場合にのみ課金)。この機能は今後数ヶ月は招待されたクライアントのみ使用が可能になるようです。

ネイティブアドに関するマーケター約400名への調査結果

コンサルティング会社614 Groupが行った調査対象マーケターの

  • 69%がネイティブアドの効果を認知しています
  • 22%がネイティブアドをデジタル広告の将来だと考えています
  • 52%がネイティブアドのコンテンツ配信量確保が最優先事項だと考えています
  • 24%しかパブリッシャーの提供するネイティブ広告配信システムを利用していません
  • 18%しかコンテンツ発見/推薦のプラットフォームを利用していません
  • 7%しかフィード内配信のネイティブプラットフォームを利用していません

美容関連データを集めるPoshlyシードラウンドで1.5百万ドル調達

Poshly
画像:Poshly | Giveaways

美容関連データを集めるPoshly(ニューヨーク本社)が、シードラウンドでFrontier Equities VCなどから1.5百万ドルの資金調達を行いました。今回得た資金を使ってサンフランシスコのエンジニアチームを強化するようです。なお、Poshlyは通算で2百万ドルを調達しています。

Poshlyはユーザーが美容関連の個人的な質問や興味関心に答えることで、メーカーからの試供品を手に入れるチャンスを得られるというサービスを提供しています。Poshlyはそこで得られたデータを匿名化して美容メーカーに提供、メーカーはそれらの情報を通じて顧客理解や戦略の意志決定に役立てています。

試供品を得られるチャンスは高くないにも関わらず、今までで200,000人を越えるユーザーがPoshlyで回答しており、月間のユーザーも62%がリピーター、平均滞在時間は7分を越え、通算するとユーザーは400ほどの質問に答えているようです。

FacebookやTwitterなどには投稿されない「ふけ症」や「ニキビ跡」といったプライベートな悩みに関する情報を提供していることもあり、Poshlyはロレアルやユニリーバなどの大企業から、小さなブランドまで数々のクライアントを抱えることに成功しています。

Facebookがサーバーセキュリティ向上へ

先月、小中規模の小売業者をターゲットにした「Buy」ボタンのテストを行うと発表したFacebookですが、それに続く形でPrivateCoreを買収したことを発表しました。PrivateCoreはVMwareとGoogle出身のベテランのセキュリティ専門家らが2012年に設立した会社(カリフォルニアが拠点)で、サーバデータの検証及び保護を行うソフトウェアを開発しています。Facebookプラットフォームにeコマース機能を実装する動きの中で、サーバーセキュリティを高めることを目指しているようです。

Facebookリーチ下降と広告価格上昇が与える影響

Facebookのオーガニックリーチ減少と、上昇を続ける広告価格が、広告予算が少ない小中規模の企業を苦しめています。一方のFacebookはウォールストリートジャーナルに対して「広告価格が上昇することで、より効果的かつ高品質の広告が提供できるようになる」と伝えています。実際、Facebookの平均広告単価は前年比で123%上昇している一方で、インプレッションは25%も下降しています。前四半期における広告売上が67%上昇(26.8億ドル)している点を見る限り、Facebookにとっては問題がなさそうです。

参考:
Agencies On Programmatic TV; Twitter’s New Performance Tools

Starcom MediaVest’s Steve Parker, VivaKi’s Marco Bertozzi and Carat’s Doug Ray on future of programmatic and its role in the TV landscape | The Drum
A new way to optimize campaign performance with Twitter Ads | Twitter Blogs
Native Advertising Technology Vendor Study | 614 Group
Beauty Data Startup Poshly Scores $1.5 Million | TechCrunch
Poshly | Giveaways
Home | PrivateCore
Facebook Ads Become ‘Costlier’ Choice for Small Businesses – WSJ

The following two tabs change content below.
アメリカをはじめ、海外のデジタルマーケティングに関する情報を 海外の情報源から集め、最先端のトレンドを提供しています。 皆様のビジネスに役立つ記事づくりを目指します。