Amazonが独自の動画広告サーバに参入か?Freewheel,Googleと競合へ

Pocket
Share on LinkedIn
LINEで送る

予想されていることですが、Amazonが独自の動画広告サーバに参入するか議論しています。

Comcastが2014年に買収したFreewheelは、しばらくの間、この分野のリーダーでした。しかし最近では、GoogleのDoubleClickの攻勢が強くなっています。Amazonの参入はFreewheelやDoubleClickと直接競合します。

Amazonは、Fire TVデバイスの普及に伴い、OTTサービスにおけるリーチを獲得し、従来からの居住地、購入意向、購買履歴、などユーザーに関する大量のデータを持っています。このデータを使用して動画広告技術の有効性を強化し、メディアと広告主が広告キャンペーンの効果をよりよく追跡できるよう支援することも考えられます。

 

 

参照

Amazon Mulls A Video Ad Server; TV Merger Mania Creates Odd Bedfellows
Amazon has discussed building its own advertising technology for OTT TV — and it would put it in competition with Comcast and Google

 

The following two tabs change content below.

八田浩

代表CSP合同会社
2001年明治大学経営学部卒業。 証券会社勤務の後、2004年株式会社オプト入社。 2006年名古屋営業所立ち上げ、2008年電通との資本業務提携においては協業責任者として同社へ出向。 2010年オプトに帰任し、従来の広告代理事業に加え、アドテク事業、動画事業、オムニチャネル事業のメディア/商品開発を担当。2011年7月株式会社オプト執行役員に就任。2015年4月~2016年3月まで同社取締役に就任。2015年12月より当社代表取締役社長に就任。