ついにデジタルが米国広告費全体の50%超え1,000億ドルの大台へ。注目は30%の成長で700億ドルを誇るモバイル

Pocket
Share on LinkedIn
LINEで送る

先週木曜日、Magna Globalが米国広告市場2018−19の予想を発表しました。2018年上半期の検索、ソーシャル、動画といったフォーマットによるデジタル広告の成長によって、ついに年内にはデジタルが広告費全体の50%を超えると見られています。また、広告予算が大きい業界として金融、製薬、テクノロジーが挙げられています。

Magna Globalは、米国の広告費全体が今年は6.9%成長し、過去最高の2,070億ドルに達する見込みであると伝えています。さらに、2018年のデジタル広告費は16%増で1,065億ドルまで成長し、広告費全体の51.5%を占めると見られています。その中で最も注目なのは、前年比30%以上の伸び率と700億ドルを超える広告費が見込まれるモバイル(スマートフォンのインプレッションおよびクリックによるもの)でしょう。デジタル広告費の2/3以上を占めるモバイルは、TV広告を押さえ、デスクトップ広告の約2倍の規模となっています。デスクトップ向けの広告はデスクトップ利用の鈍化とアドブロックによる影響で、その成長率は4.5%減になると見られています。

払拭されないブランドセーフティへの懸念や、それに伴う大手CPG(消費財)ブランドによるデジタル広告費の削減といったニュースを目にする機会も多くありましたが、広告費の成長にはほとんど影響が見られていません。実際に2018年の上半期を見てみると、前年同期比で広告費全体が6%増、検索広告費は18%増、ソーシャルメディア広告費は38%増、オンライン動画広告費は27%増となっています。TVや印刷物といったメディアへの広告費は横ばい、または減少している一方で、映画館における広告費が12%増、その他のOOH(Out of Home/交通広告や屋外広告など)は3%増となっています。

今後、デジタル広告価格のさらなる上昇とともに、伝統的なメディアの価格の下落が起こる可能性が十分に考えられます。デジタルが広告費全体シェアの半分を取ることは、予想されていたとはいえデジタル広告の黎明期から取り組んでいた人たちにとっては、特に感慨深いのではないでしょうか。日本が米国と同じような状況になるのは、もう少し先になるでしょう。

参考:
MAGNA Advertising Forecasts (Fall Update – Executive Summary) – MAGNA

Report: Digital now makes up 51% of US ad spending – Marketing Land

The following two tabs change content below.
アメリカをはじめ、海外のデジタルマーケティングに関する情報を 海外の情報源から集め、最先端のトレンドを提供しています。 皆様のビジネスに役立つ記事づくりを目指します。