Criteoがfacebookの優先マーケティングパートナーリストから削除

Pocket
Share on LinkedIn
LINEで送る

Criteoがfacebookのマーケティングパートナーリストから削除されました。それが明らかになったあと、株価はさらに底値圏へと下落していきました。

facebookは、7月1日に優先マーケティング・パートナーとしてCriteoの許可を取り消したと、ゴールドマンサックスのアナリストにより明らかにされました。
「facebookはCriteoを優先パートナーとして認定しないため、Criteoがfacebookのプラットホームで新機能をベータテストすることができない事を意味します」と、彼はクライアントに注記しました。

 

この数年facebookはリターゲティングの分野において顧客との直接的な関係を模索しており、Criteoはfacebookにおける広告在庫の獲得に苦労していました。

参照

Bloomberg:Internet Ad Platform Criteo Tanks on Cold Shoulder From Facebook

adexchanger:Criteo Loses Facebook Preferred Status; A Peek At Google’s Podcast Plans

The following two tabs change content below.

八田浩

代表CSP合同会社
2001年明治大学経営学部卒業。 証券会社勤務の後、2004年株式会社オプト入社。 2006年名古屋営業所立ち上げ、2008年電通との資本業務提携においては協業責任者として同社へ出向。 2010年オプトに帰任し、従来の広告代理事業に加え、アドテク事業、動画事業、オムニチャネル事業のメディア/商品開発を担当。2011年7月株式会社オプト執行役員に就任。2015年4月~2016年3月まで同社取締役に就任。2015年12月より当社代表取締役社長に就任。