Acxiomがマーケティングソリューション部門をIPGに売却し、LiveRampにフォーカス

Pocket
Share on LinkedIn
LINEで送る

Acxiomの株価が暴騰しています。

データプロバイダのAcxiomは、同社のマーケティング・ソリューション(AMS)部門を、グローバル・マーケティング・エージェンシーの持株会社であるInterpublic Group(IPG)に23億ドルで売却すると発表しました。AMSはAcxiomの総収益の約4分の3を占めています。

発表を受けて予想を上回る売却価格と残るLiveRamp事業の成長性の高さから株価は暴騰しました。

LiveRampは当メディアでも何度か紹介しました(アクシオムがLiveRamp Connectを発表。中立プレイヤーが目指すオムニチャネル実現への道)が、LiveRampはCookie照合よりも深い所でデータ接続を行っているため、オンラインとオフラインのデータ、ファーストパーティとサードバーティのデータ、既存顧客と匿名のネットブラウザをつなぐことができます。
他のプレイヤと決定的に違い、LiveRampを際立たせているのは「オフラインのセグメントがつくれる点」です。

LiveRampが今後は独立性を担保したスタンドアローンとしてサービス提供されるとかなりの価値をもたらす可能性があります。

残された問題は欧州のGDPRやカリフォルニアの新しい規制に対する対応です。膨大なユーザーデータを保持していることは間違いありませんが、ユーザーからのパーミッションはどうなっているのか?どのような許諾のとり方をしているのか、明らかになっていないことでしょう。

参考メディア

Why Acxiom Corporation Stock Popped (Again) Today

Acxiom sells Marketing Solutions division to Interpublic, readies LiveRamp

IPG Acquires Acxiom Marketing Solutions

The following two tabs change content below.

八田浩

代表CSP合同会社
2001年明治大学経営学部卒業。 証券会社勤務の後、2004年株式会社オプト入社。 2006年名古屋営業所立ち上げ、2008年電通との資本業務提携においては協業責任者として同社へ出向。 2010年オプトに帰任し、従来の広告代理事業に加え、アドテク事業、動画事業、オムニチャネル事業のメディア/商品開発を担当。2011年7月株式会社オプト執行役員に就任。2015年4月~2016年3月まで同社取締役に就任。2015年12月より当社代表取締役社長に就任。