ポイントで押さえるIABネット広告売上レポートまとめ【2018年5月版】

Pocket
Share on LinkedIn
LINEで送る

2017年(通年およびQ4)におけるデジタル広告市場のまとめレポートをIABが公開しています(IAB Internet Advertising Revenue Report )。2017年のデジタル広告市場は前年比21%増で880億ドル、そして、その成長を牽引しているのはモバイル(前年比36%増)となっています。

画像1:IAB Internet Advertising Revenue Report

ただし、この成長の90%はFacebookとGoogleによるものなので、Pivotal ResearchのアナリストBrian Wieser氏は「この成長率をベンチマークとして利用しないこと」を勧めています。また、上位10社で売上の68−75%が占められている極度な寡占状態であることも押さえておきたい点です。なお、2008年からトップ10入りしている会社は3社のみであるとIABは伝えています(社名は非公表)。

画像2:IAB Internet Advertising Revenue Report

検索、バナー、動画、音声広告はそれぞれに成長しています。検索広告(モバイル+デスクトップ)は金額ベースで見ると18%増の406億ドルとなっていますが、シェアは昨年の48%から46%へと落ちています。その原因は、動画広告の前年比33%増(119億ドル)という急激な成長です。動画広告のシェアは2016年の12%から14%と増加しています。

画像3:IAB Internet Advertising Revenue Report

なお、デジタル広告売上の57%を占め(画像1参照)、すべての広告フォーマット売上で50%以上のシェアを持つモバイルですが、その驚異的な成長は減速を始めているとIABは伝えています。

画像4:IAB Internet Advertising Revenue Report

押さえておきたいIABレポートのポイントまとめは下記の通りです。

  • 停滞または縮小している広告市場全体の中で、デジタル広告売上はすべてのフォーマットで2桁成長:2017年全体売上880億ドル(前年比21%増)
  • 検索広告も継続して成長:406億ドル(18%増)
  • 動画広告の著しい成長(119億ドル/33%増)により検索広告のシェアが減少(検索シェア2016年48%→2017年46%)
  • バナーおよび音声広告も継続して成長:バナー275億ドル(23%増)/音声16億ドル(39%増)
  • 消費者の利用状況を反映する形で高まり続けるモバイルの重要性:2017年売上499億ドル(デジタル広告売上全体の57%/前年比36%増)
  • 年間の平均CPMは僅かに増加(インストリーム動画3%増/ディスプレイ広告6%増)※画像4参照

IABはこれらのデジタル広告成長に寄与している二つの柱として、小規模顧客向けのセルフサービス型広告プラットフォームの出現と、それらのプラットフォームを活用し顧客に直接プロダクトを販売するオンラインスタートアップの台頭を挙げています。まだまだこの流れは続きそうです。

参考:
IAB Internet Advertising Revenue Report Conducted by PricewaterhouseCoopers (PWC)

IAB Internet Advertising Revenue Report
IAB internet advertising revenue report 2017 full year results
Digital Ad Market Soars To $88 Billion, Facebook And Google Contribute 90% Of Growth | AdExchanger

The following two tabs change content below.
アメリカをはじめ、海外のデジタルマーケティングに関する情報を 海外の情報源から集め、最先端のトレンドを提供しています。 皆様のビジネスに役立つ記事づくりを目指します。