どうなる独立系ベンダー?売上半減のルビコンQ3衝撃決算とバイサイドフィー廃止の動きについて

Pocket
Share on LinkedIn
LINEで送る

独立系アドテクベンダーは生き残ることが難しくなってきています。当ブログでもその好調さを伝えてきたルビコン・プロジェクト(Rubicon Project)ですが、今回のQ3決算は惨憺たるものでした。下がり続けている株価は、さらに下降を続けています。

RUBI
画像:rubicon project stock price – Google 検索

2017年Q3決算内容は売上高(GAAPベース)が3,520万ドル、その内訳はモバイルが1,830万ドル(前年比21%減)、デスクトップはなんと前年比60%減の1,690万ドルとなっています。

  • 2017年Q3 売上高(GAAPベース):3,520万ドル(前年比47%減)
  • 2017年Q3 純損失:1億360万ドル(※2016年Q3 純利益:350万ドル)

ルビコン・プロジェクトのCEOであるMichael Barrett氏は、収支発表の直前に行ったバイサイドのフィー廃止によって、それは短期的な損失につながるものの、テイクレート(非GAAPベース売上高を取扱広告額で割った値)を下げることは将来のための正しい選択であると、収支報告にて伝えています。

  • 2017年Q3 売上高(非GAAPベース):3,520万ドル(前年比42%減)
  • 2017年Q3 取扱広告額:1億9,500万ドル(前年比20%減)
  • 2017年Q3 テイクレート:18.1%(※2016年Q3:24.9%)

Barrett氏は以前、業界全体(およびルビコン・プロジェクト)のテイクレートは15-20%になると予測していたものの、現在の環境で成功するためには10-15%にする必要があるとコメント。さらに、同社のテイクレートは11月1日付けでバイサイドのフィーを廃止したことでQ4も引き続き減少を続け、10-12%程度になる見通しであることを伝えました。

競争力を高め、シェアを拡大するためにテイクレートを減少させるという同社の戦略に対し、投資家側アナリストはテイクレートが10-12%程度になると自信を持って言える根拠が何なのかや、ルビコン・プロジェクトが今年の7月に買収したnToggleがテイクレート減少にどのように影響するのかなど、専門的かつ厳しい質問を浴びせています。

また、ルビコン・プロジェクトによるバイサイドフィー廃止の背景には、アドテクエコシステムの”不透明さ”も関係しています。今回のルビコンによるバイサイドフィー廃止のニュースを受け、AdExchangerが主要なアドテクベンダー18社を対象に調査をしたところ、すでに11社がバイサイドフィー(および不明瞭なフィー)を廃止していることがわかりました。

バイサイドフィーおよび不明瞭なフィーを請求していないと回答したベンダー
APPNEXUS、FYBER、GOOGLE、INDEX EXCHANGE、NATIVO、OPENX、PUBNATIVE、SHARETHROUGH、SPOTX、TELARIA (TREMOR VIDEO)、TRIPLELIFT

AdExchangerの質問に対してコメント拒否またはノーコメント
MOBFOX (MATOMY MEDIA)、OATH、RHYTHMONE(YuMe)、SMAATO、TWITTER (MOPUB)

フィーは透明性を保っているとしつつ、バイサイドフィーを請求しているかどうかに関してはコメントを拒否
SONOBI

バイサイドフィーを請求していると回答
PUBMATIC

SSP、DSP、アドエクスチェンジはそれぞれお互いの取引内容はわかるものの、相手がどれだけのマージンを乗せているのかはわかりません。実際にAdobeのクライアントによって、アドエクスチェンジ内で”隠された”バイサイドのフィーが発見されるなど、どのようなマージンを乗せても仕入れ値はわからないという状況に対して透明性が求められています。

ルビコン・プロジェクトの大幅な売上減少は衝撃的でした。また、アドテク業界の不透明な取引慣習への風当たりは、これから更に強くなるでしょう。そして、ただでさえGoogleとFacebookによる寡占状況の中で厳しい戦いを強いられている独立系ベンダーは、バイサイドとパブリッシャーサイド両方から挟まれ身動きが取れなくなっています。

参考:
Investor Relations – Event Details

RUBI Q3 2017 Earnings Slide FINAL
RUBI-USQ_Transcript_2017-11-02
Rubicon Project Eliminates Buy-Side Fees | AdExchanger
Rubicon Got Rid Of its Buy-Side Fees – But Who Else Is Charging Them? | AdExchanger

The following two tabs change content below.
アメリカをはじめ、海外のデジタルマーケティングに関する情報を 海外の情報源から集め、最先端のトレンドを提供しています。 皆様のビジネスに役立つ記事づくりを目指します。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。