二極化したデジタル広告市場を崩せるか?株価も順調なThe Trade Deskがテレビ向けターゲティング機能を発表

Pocket
Share on LinkedIn
LINEで送る

他のアドテク企業が低迷しているにも関わらず、昨年9月のIPO以来、順調に株価を上昇させ続けているThe Trade Desk。DSPを提供する同社は先月、コネクテッドTV向けのターゲティング機能をリリースしました。GoogleやFacebookに寡占化されているデジタル広告市場において一矢を報いているThe Trade Deskであれば、この二極化状態を打破できるかもしれません。

The trade desk
画像:The Trade Desk | A clearer view of digital advertising

eMarketerの最新調査によると、2017年の米国デジタル広告費はGoogleとFacebookのシェアだけで63.1%を占める見込みです。マーケターなら肌感覚でわかっていたとはいえ、GoogleとFacebookがここまで圧倒的な力を持ち、さらに今後も成長を続けていくという予測は、かなり衝撃的です。

Net US Digital Ad Revenues by Company 2016 2019
画像:Google and Facebook Tighten Grip on US Digital Ad Market – eMarketer

そんな中、コネクテッドTVの広告在庫を持ちながらもターゲティング機能があまり強くなかったThe Trade Deskが、コネクテッドTV向けのターゲティング機能リリースを発表しました。もちろんその狙いは、テレビ広告の予算を奪うことです。

同社CEOのJeff Green氏によれば、米国のメディア企業であるスクリップス・ネットワーク・インタラクティブや、ディッシュ・ネットワークのストリーミングサービスであるスリングTVなどとのパートナーシップによって、The Trade Deskの持つコネクテッドTVの広告在庫が今年は10倍になるようです。

今回のコネクテッドTV向けターゲティングをベータテストしている米国メディアエージェンシーMediasmithで、インサイト&テクノロジー部門のVPを務めるMarcus Pratt氏は、The Trade DeskがDSPの「ユーザーID」とコネクテッドTVのプロバイダーが持つ「ビューアーID」を同期させる方法を構築していることを述べた上で、「IDマッピングが出来れば、アトリビューション分析は難しくありません。(中略)まだ少し課題はあるものの、従来のテレビ広告と比べて(リターゲティング、クロスデバイス、店舗での購買といった計測は)格段に良いものです。」と、AdExchangerにて伝えています。

また、The Trade Deskはこれから数年以内に、GoogleやFacebookを量と質で凌駕する、広告ターゲティングを目的としたウェブ上の消費者に関するデータセットの構築を計画しているようです。同社の目論見が成功すれば、この二極化した広告市場の中で、とても強力な立場に立てることは間違いありません。この”本気の姿勢”と”やれるかもしれないという評価”が、株価にも現れていると言えるでしょう。

参考:
The Trade Desk | A clearer view of digital advertising

TTD 64.28 3.32 5.45% : The Trade Desk, Inc. – Yahoo Finance
The Trade Desk Rolls Out Connected TV Targeting And Attribution | AdExchanger
Google and Facebook Tighten Grip on US Digital Ad Market – eMarketer
The Trade Desk plans to build a bigger data set than Google – Business Insider

The following two tabs change content below.
アメリカをはじめ、海外のデジタルマーケティングに関する情報を 海外の情報源から集め、最先端のトレンドを提供しています。 皆様のビジネスに役立つ記事づくりを目指します。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。