2016年で黒字化へ!Q1も好調だったTubeMogulの決算注目ポイントをピックアップ

Pocket
Share on LinkedIn
LINEで送る

アドテク企業の中でも抜けだしている感のあるTubeMogulですが、先週、同社の2016年Q1決算が発表されました。売上の順調な伸びとその要因について、決算発表の中身を詳しく見てみましょう。

TubeMogul
画像:Programmatic Advertising Software | TubeMogul

まず、決算の中で特に注目したいのが次の3点です。

  • 2016年Q1広告運用額:1.128億ドル(2015年Q1:7,130万ドル/58%増)
  • 2016年Q1売上高:4,210万ドル(2015年Q1:3,030万ドル/39%増)
  • 2016年Q1調整後EBITDA:▲370万ドル(2015年Q1:▲290万ドル)

ご覧の通り、赤字は少し拡大しているものの、売上がしっかりと伸びています。このQ1の結果およびその要因として、TubeMogulは決算発表の中で以下を要点として挙げています。

Platform Direct(セルフサービス型のプラットフォーム)の高い伸び
広告運用額は前年同期比で65%増、広告運用額全体の81%となっており、今後も戦略の焦点となる予定です。

クロススクリーンでの広告運用の加速
モバイル、プログラマティックTV、ディスプレイ、ソーシャルチャネルの合計が、広告運用額全体の43%(約4,800万ドル)となっています(2015年Q4は37%)。

Facebookマーケティングパートナーに
今までのテレビ広告、デジタル動画広告、ディスプレイ広告と並行して、TubeMogulを通じてFacebookのニュースフィードおよびInstagramにターゲティング動画広告を配信できるようになりました。

プログラマティックTV(PTV)の継続した成長
PTVは2016年Q1に広告運用額全体の約10%を占めるようになりました。また、TubeMogulはブロードキャストマネジメントプロバイダーのSintecMediaとパートナーシップを締結し、広告主は数百のローカルブロードキャスターと50を越えるケーブルネットワークへの広告配信が可能となりました。

Discovery Communicationsとのパートナーシップを拡張
このパートナーシップ拡張によって、優良ブランドおよび代理店によるDiscovery GO(ディスカバリーチャンネルやアニマルプラネットなどが見られるストリーミングサービス)のプライベート・インベントリ・マネジメントの自動化が可能になりました。

クライアントによるTubeMogulの活用促進
セプテーニ・アメリカがPTVおよびデジタル動画バイイングのソフトウェアパートナーとしてTubeMogulの採用を発表しました。また、カナダ・ナショナル銀行、ドクターペッパー・スナップル・グループ、GoDaddy、Hotels.comなど、100を越えるクライアントがTubeMogulの認定プログラムを修了しています。

また、TubeMogulは決算発表内の今後の見通しとして「2016年での黒字化」を挙げています。

  • 2016年広告運用額:5.76-5.82億ドル
  • 2016年売上高:2.26-2.32億ドル
  • 2016年調整後EBITDA:700万ドル(全て見通し)

これらの好調な決算内容に関して、TubeMogulのCEOであるBrett Wilson氏は「Platform Directにサインアップしたクライアントは、弊社のソフトウェアから離れることなく、毎年その広告運用額を増やしてくれています。2015年のPlatform Directの運用額を見ても、82%がその前年からサインアップしているクライアントによるものなので、先の予測がしやすいビジネスとなっています」とAdExchangerにてコメントしています。

また、TubeMogulは今年の2月にWhite Opsと協力し、ボットによる動画広告閲覧に対する自動返金プログラムも始めています。Wilson氏はQ1で実際に返金が行われたのは、同社の抱える数百クライアントのうちのわずか20社以下だったことも明かし、「もともと弊社は広告詐欺(Ad Fraud)の可能性を最小限におさえていました。自動返金プログラムは広告詐欺対策を弊社の方針としてオフィシャルにするためのものであり、このことが弊社の競争力を高めてくれると考えています」て伝えています。

参考:
Programmatic Advertising Software | TubeMogul

TubeMogul Reports Financial Results for First Quarter 2016 and Raises Full-Year 2016 Guidance (NASDAQ:TUBE)
TubeMogul Accelerates Non-Desktop Video Ad Revenue | AdExchanger
TubeMogul To Issue Automatic Refunds For ‘Nonhuman’ Video Traffic | AdExchanger

The following two tabs change content below.
アメリカをはじめ、海外のデジタルマーケティングに関する情報を 海外の情報源から集め、最先端のトレンドを提供しています。 皆様のビジネスに役立つ記事づくりを目指します。