ややこしいデジタルマーケティング市場が丸わかり!LUMA Partnersのスライドから注目トピックをご紹介

Pocket
Share on LinkedIn
LINEで送る

デジタルマーケティング市場は数十億ドル規模でありながら、業界で働く人でさえ、その変化の激しさ故に全体像を把握するのは難しいのが現状です。そんな中、M&A関連の顧問サービスを提供する投資銀行で、”LUMAscapes”でお馴染みのLUMA Partnersが昨年末、同社主催のDigital Marketing Summitの中で、デジタルマーケティングを取り巻く環境とトレンドをわかりやすく解説するスライドを公開しました。今回は、その中でも注目したい点をいくつかご紹介いたします。

Luma1
画像:LUMA’s State of Digital Marketing at DMS West 15

昨年は”札付き”の戦略的買収企業による積極的な買収や出資とともに、戦略的買収企業の数も増加し、記録破りなペースでのグローバルなM&Aが見られました。その主な理由として挙げられるのは、「歴史的に低い金利」と「減少するオーガニック・グロース(自社の経営資源を利用した成長)の機会」です。

Luma2
画像:LUMA’s State of Digital Marketing at DMS West 15

多岐に渡る業種が、顧客データをもとにした”正確なタイミングでの意思決定”を行うために、アドテクおよびマーテック(MarTech/マーケティングテクノロジー)に焦点を充てています。

  • 消費者インターネット(Facebookなど)
  • コマース(Amazonなど)
  • 電気通信会社(Comcastなど)
  • メディア(Disneyなど)
  • マーケティング(WPPなど)
  • テックサービス(IBMなど)
  • データ(Neustarなど)
  • マーケティングテクノロジー(AppNexusなど)
  • インターネットオリジナル(Googleなど)
  • CRMソフトウェア(Oracleなど)

これらの買収企業が持つ差別化された顧客およびデータ資産が、戦略的価値とともに競合間の緊張関係をつくりあげています。

Luma3
画像:LUMA’s State of Digital Marketing at DMS West 15

また、IPOしたアドテク企業の中でも「好調な企業」と「そうでない企業」との間には、明確な差が見られます。伝統的なメディア(マージン)モデルであるTremor Video、YuMe、Rocket Fuel、MaxPoint Interactive(上図左側4社)は、実質的に旧来型アドネットワークとあまり変わりがなく、IPO以降その企業評価額を大きく下げてしまっています。その一方で、テクノロジードリブンなプログラマティックを推進するCriteo、Rubicon Project、TubeMogulはそのプレミアムな評価額をしっかりと維持しています。

Luma4
画像:LUMA’s State of Digital Marketing at DMS West 15

そんなデジタルマーケティング業界のトレンドとして、LUMA Partnersは下記の5つを挙げています。

  1. クロスチャネルによるマス・パーソナライゼーション
  2. コンテンツマーケティング
  3. モバイル・ライフサイクルマネジメント
  4. B2Bマーケティング
  5. アドテクとマーテックの”合流”

Luma5
画像:LUMA’s State of Digital Marketing at DMS West 15

上記5つのトレンドの中でも特に「クロスチャネルによるマス・パーソナライゼーション」に注目です。この5年ほどの間でパーソナライゼーション技術は急速に進化し、ついに”現実のもの”となりました(マーケターによる採用はまだ初期段階)。上図左側の「ブランド向けマーケティングファネル」は、数年前からDMPの役割を議論するために使われていますが、ここ数年の間に「予測(Predictive)マーケティングプラットフォーム」が出現し、右側の「ダイレクトレスポンス向けマーケティングファネル」も使われ始めています。

<主な違い>
・わずかなSKU vs 大量のSKU
・セグメントベース vs 1:1
・一斉配信メッセージ vs 個別アクションがトリガーとなるメッセージ

Luma6
画像:LUMA’s State of Digital Marketing at DMS West 15

また、パーソナライゼーションに欠かせない”アイデンティティ”に対しては、各社が上図のような動きを見せています。Facebookは「人ベースマーケティング」ソリューションに長い間フォーカスをあて続けており、今のところ大きな成功を収めています。他のソフトウェアベンダーは、以前当ブログでも少しご紹介したAcxiomによるLiveRampの買収や、OracleのDatalogix買収などでその対応を図っています。

<過去の関連記事>
Facebookはどうやってクッキーを超えたクロスデバイス計測を提供しているのか。Atlasについて知っておきたい6つのこと
アクシオムがLiveRamp Connectを発表。中立プレイヤーが目指すオムニチャネル実現への道
アドテク次の本命「ユニバーサルID」はOracleの救世主となるか
Oracle、精度2倍のデモグラ情報を持つ2億以上のユニークID提供開始。クロスデバイス計測ではLiveRampと同じ問題に直面か?

以上、簡単ではありますが、LUMA Partnersのスライド”The State of Digital Marketing”から注目トピックのご紹介でした。

参考:
LUMA Partners state of digital marketing presentation – Business Insider

LUMA’s State of Digital Marketing at DMS West 15

The following two tabs change content below.
アメリカをはじめ、海外のデジタルマーケティングに関する情報を 海外の情報源から集め、最先端のトレンドを提供しています。 皆様のビジネスに役立つ記事づくりを目指します。