これで決まり!2016年モバイルとIoTのカギを握る4つの予測とデータ

Pocket
Share on LinkedIn
LINEで送る

2016年はマーケターにとってどんな1年になるのか。国内外問わず、様々な予測が見られますが、今回はその中でも「モバイルとIoTまわりの4つのポイント」を扱うMarketing Landのコラムを中心にお届けします。

d
Photo credit: jfingas via Visualhunt / CC BY-ND

Marketing Landで3年連続自身の予想を発表しているAaron Strout氏が、2016年に注目する予測/データはこちらです:

  1. 2016年にスマホユーザーの数が20億人を越える(eMarketer)
  2. 2016年にはセルラーネットワークからよりもWi-Fiからのトラフィックの方が大きくなる(Cisco)
  3. 2016年にはコネクテッドデバイスの数が64億台になる(Gartner)
  4. 米国における2015年のオンライン平均滞在時間は5.6時間/日で、その51%がモバイルデバイス

それぞれを詳しく見てみましょう。

1. 2016年にスマホユーザーの数が20億人を越える(eMarketer)

182903
画像:2 Billion Consumers Worldwide to Get Smart(phones) by 2016 – eMarketer

こちらは2014年12月に発表されたeMarketerの予測です。「20億人」という数字は、全世界の人口のおよそ4分の1かつ、オンラインユーザー全体(32.9億人)の約60%であり、いかにスマホ利用が世界規模で広がっているのかがわかります。この広範にわたるスマホの浸透により、これからますますモバイル動画、コマース、ロケーションデータを活用したサービスが普及することは間違いないでしょう。

2. 2016年にはセルラーネットワークからよりもWi-Fiからのトラフィックの方が大きくなる(Cisco)

White paper c11 520862 17
画像:Cisco Visual Networking Index: Global Mobile Data Traffic Forecast Update 2014–2019 White Paper – Cisco

こちらは2015年2月にCiscoが発表したものです。2016年にはセルラーネットワークからよりも、Wi-Fiからのトラフィックの方が大きくなり、2019年にはモバイルデバイスのトラフィックの54%がWi-Fiからになると予測されています。結果、データ通信量を気にせず、ユーザーによるモバイルデバイスを利用した動画視聴やコンテンツのアップロードなどが、より一般化すると言えるでしょう。

3. 2016年にはコネクテッドデバイスの数が64億台になる(Gartner)

こちらはGartnerが2015年11月に発表したもの。2015年の49億台から30%アップする見込みで、2020年にはさらに208億台にまで急成長すると見られています。

4. 米国における2015年のオンライン平均滞在時間は5.6時間/日で、その51%がモバイルデバイス

Mobile Internet Trends Mary Meeker 2015 1
画像:Insights from KPCB US and global internet trends 2015

最後は昨年5月のKPCBによるインターネットトレンド2015より、モバイルデバイス利用がデスクトップ/ラップトップ利用時間を越え、さらに伸びているというデータです。ここから、多くの人がパソコンで行ってきた日々のタスクが、モバイルでも同じように行えるようになってきていることがうかがえます。

これらの予測/データより、モバイルペイメントおよびコマースが大きくなることが予想されます。IBMのレポートが、昨年の米国ブラックフライデーにおけるオンラインセールスの36.2%がモバイル経由であり、オンライントラフィックは57.2%がモバイルからであったと伝えていますが、Strout氏は今年はその数値がそれぞれ50%、67%まで伸びると見ています。

また、eMarketerは、2015年においてスマホユーザーの12.7%が使っているモバイルウォレット機能(PaypalやApple Pay、Android Payなど)の利用率が、今年は19%にまで伸びると予測しています。

さらに、IoTの普及のネックと考えられる「ニュートラルなシステム構築」の可能性に関して、IBM、Cisco、Samsungあたりが、様々なコネクテッドデバイスから得られるデータを扱う「中立プレイヤー」となるのではないかとStrout氏は見ています。

2000年の半ばにインターネットが、電気のように「あって当然のもの」になったように、今年はモバイルがトレンドではなく「トレンドを創り出し支えるインフラ」になるだろうと語るStrout氏。

やはり今年はモバイルとIoTに注目です。

参考:
Four Key Mobile And Location-Based Trends For 2016

2 Billion Consumers Worldwide to Get Smart(phones) by 2016 – eMarketer
Number of Internet Users (2015) – Internet Live Stats
Cisco Visual Networking Index: Global Mobile Data Traffic Forecast Update 2014–2019 White Paper – Cisco
Gartner Says 6.4 Billion Connected “Things” Will Be in Use in 2016, Up 30 Percent From 2015
Insights from KPCB US and global internet trends 2015
black-friday-report-2015.pdf
Mobile Payments Will Triple in the US in 2016 – eMarketer

The following two tabs change content below.
アメリカをはじめ、海外のデジタルマーケティングに関する情報を 海外の情報源から集め、最先端のトレンドを提供しています。 皆様のビジネスに役立つ記事づくりを目指します。